『仮席の栞』全文

おかきさげ

「さあ/\だん/\の席返す/\の席をして、さあ一日の日というは生涯の心一つの理を以って一つ席とす。席に順序一つの理は、よく聞き分け。席に順序一つの理は、生涯の理を諭す。生涯の理を諭すには、よく聞き分け。難しい事は一つも言わん。どうせこうせこれは言わん、これは言えん。言わん言えんの理を聞き分けるなら、何かの理も鮮やかという。それ人間という身の内というは、神のかしもの・かりもの、心一つが我がの理。心の理というは、日々という常という、日々常にどういう事情どういう理、幾重事情どんな理、どんな理でも日々に皆受け取る。受け取る中に、ただ一つ自由という一つの理。自由という理は何処にあるとは思うなよ。ただめん/\精神一つの理にある。日々という常という、日々常に誠一つという。誠の心と言えば、一寸には弱いように皆思うなれど、誠より堅き長きものは無い。誠一つが天の理。天の理なれば、直ぐと受け取る直ぐと返すが一つの理。よく聞き分け。又一つ、一名一人の心に誠一つの理があれば、内々十分睦まじいという一つの理が治まるという。それ世界成程という、成程の者成程の人というは、常に誠一つの理で自由という。よく聞き取れ。又一つ、これまで運ぶという、尽すという。運ぶ尽す中に、互い扶け合いという。互い扶け合いというは、これは諭す理。人を救ける心は真の誠一つの理で、救ける理が救かるという。よく聞き取れ。又一つ、これまで運ぶ尽す一つの理は、内々事情の理、めん/\事情の理に治め。*又一つ、第一の理を諭そう。第一には、所々に手本雛型。諭す事情の理の台には、日々という、日々には家業という、これが第一。又一つ、内々互い/\孝心の道、これが第一。二つ一つが天の理と諭し置こう。**さあ、これより先永く変わらん事情に。」

(注)*印から**印までは、特に三十歳未満の人に対して付け加えられたお言葉である。

 「さあ/\だん/\の席、返す/\の席をして、さあ一日の日は生涯の心一つの理を以て席とす。さあこれまでだん/\返す/\の席の順序、一つの理一つの心いつ/\事情、又、一日一席事情、生涯の事情生涯の心いつ/\事情、さあ、これより先永く事情先永い事情に、たすけ一条のためこうのうの理を渡し置こう。さあ/\授けよう/\。
あしきはらひたすけたまへ天理王命、と、これを三度又三度又三度三三三、さあ理を授けよう。さあ/\受け取れ/\。」

 

おさづけの理

 おさづけの理は、たすけ一条を誓う一日の日の真心に授けられる生涯末代の宝であり、身上の障り(病)で苦しみ悩んでいる人々に、親神様のお働きを頂いて、たすかってもらいたいという上から取り次ぐものです。

 いまゝでハやまいとゆへばいしやくするり
みなしんバいをしたるなれども    六・105

これからハいたみなやみもてきものも
いきてをどりでみなたすけるで    六・106

どのよふなむつかしきなるやまいでも
しんぢつなるのいきでたすける    六・108

月日よりしんぢつ心みさためて
いかなしゆこふもするとをもゑよ   六・109

このさきハなんほむつかしやまいても
いきとてをどりみなたすけるで    十二・50

どのよふなむつかしくなるやまいでも
これなをらんとゆうでないぞや    十二・51

と、おふでさきに誌されています。ここで「いき」「てをどり」と仰せられるのは、おさづけの理のことで、今日拝戴されたおさしづの理は、てをどりのさづけです。手を振る時、「あしきはらいたすけたまへ」と唱えますので、あしきはらいのさづけとも言われます。
これまでは病気といえば、医者だ薬だといろいろ心配したものであるが、これからはおさづけを取り次ぐ者の誠真実と、そのおさづけを受ける者の真実の心を見定めて、どんな思い病気も皆たすける、と仰せになっています。

 

おさづけの理拝戴の心得

  おさづけの理を拝戴した方には、その日の心を生涯忘れずに通るようにと、「おかきさげ」が渡されます。おかきさげは、よふぼくの生涯の心の定規です。仮席では、まずおかきさげについて、読み違いや悟り違いのないように、そこに込められた親神様の思召を説き聞かされます。おかきさげは、よふぼくとして生涯にわたって心に守るべき角目についてお諭しくだされた親神様のお言葉ですから、暗誦できるまで繰り返し拝読し、心に治めて、実行することが肝心です。
おかきさげのなかで、とくに強調されていることは、親神様・教祖のお心、すなわち一れつ人間をたすけたいとの思召を、わが心とするということです。「人をたすける心は真の誠」と教えられます。この心を生涯持ち続け、人だすけの上に勤めていくところに、わが身もたすかるという姿をお見せいただけるのです。「たすける理がたすかる」と仰せになっている所以です。
したがって、おさづけの理を戴いたというだけで、取り次がなかったならば、おさづけの理をお渡しくだされた親神様の深い親心にお応えすることができません。
おさづけの理には、一れつ子供(人間)可愛い故に、定命を二十五年縮め、現身を隠されてまで世界たすけをお急き込みくだされた教祖の篤い親心が込められているのです。親神様・教祖のお心に添って取り次がせていただく時、願う心の誠真実を受け取って、どんな思い病気も皆おたすけくだされます。
おさづけの理は道の路銀ともお聞かせいただきます。
私たちよふぼくが、たすけ一条の上から出向くところ、たとえどんな遠隔の地、どんな不便な所であろうと、教祖は必ず先回りしてお働きくだされ、不思議なたすけをお見せくださっています。生涯かけておさづけを取り次ぎ、たすけ一条を急き込まれる教祖の思召に応えさせていただきましょう。

 

おさづけの取り次ぎの心得

 おさづけを取り次ぐということは、存命の教祖の手足となって、何よりも尊い人だすけのご用を勤めさせていただくことです。その自覚をもって、それにふさわしい態度でのぞむことが肝心です。
したがって、服装一つにも気を配り、正装でなくても、必ず清潔なものを身につけるようにしてください。服装を整える間がない急な場合には、まず服装の見苦しい点を親神様にお詫び申し上げて、お取り次ぎしてください。また上座から取り次ぐようにしてください。
おさづけの取り次ぎにあたっての、心得の要点を次に記しておきますので、よく心に治めて間違えないようにしてください。

 (1)お話一条

 まず親神様の御教えを伝え、親神様の日々のご守護についてお話しします。その場合、議論したり、説き伏せたりするような態度ではなく、相手に優しくいたわりながら、また、どうでもたすかってもらいたいという真実の心で、お話をさせていただきましょう。
症状が重くて意識がない場合、本人には話が通じませんので、家族の人にお話をさせていただきます。そして家族と共に心定めをし、親神様にお願いをして、病人におさづけを取り次ぎます。重い心の病に罹っている人の場合も同様にしてください。
また、十五歳未満の子供の病気に対しては、親に話をし、親と共に心を定めておさづけは子供に取り次ぎます。

  (2)お願いの仕方

 お話もすみ、いよいよおさづけを取り次ぐ時には、最初に柏手を二つ打って、まず病人の住所、姓名、年令、病名、いつ頃からお障りをいただいているかということを申し上げ、次にお願いの筋を申し上げてから、真実込めておさづけを取り次ぎます。
「あしきはらひたすけたまへ天理王命」と三度お言葉を唱えながらお手を振ります。続いて病んでいる個所を「なむたすけたまへ天理王命」と三度唱えながら撫でてさすります。これを三回繰り返して、最後に柏手を二つ打ちます。
なお、お願いをする場合、時を仕切ってください。もっとも長い仕切りは三日三夜のお願いで、それ以上の長期のお願いはありません。その時、三日のお願いだから、三日に一度取り次げばよいというようなことではなく、できるだけ一日に一度は病人を見舞い、お話をさせていただき、おさづけを取り次ぐことが大切です。
三日運んでも徴を見せていただけなかった場合には、自らの真実の足りない点を反省し、さらに一層真実の心を込めて、三日三夜の追い願いをします。病状によって、一日一夜、二日二夜のお願いもします。また、急なお願いをする場には、一時間のうちにというように、時間を仕切ってお願いさせていただくこともあります。

 (3)二カ所以上に取り次ぐ場合

 一人の病人で、病む個所が二カ所以上ある場合、おさづけの取り次ぎは、必ず一カ所毎に取り次ぎます。ただし、柏手は、お取り次ぎの最初と最後に打つだけでよく、中間は柏手を打たず、黙礼して次の個所に取り次ぎます。
取り次ぐ順序は次の通りです。まず身体の前部から、頭、顔、両手、胸、腹、両足、後部の肩、背中、お尻、というように、上から下へ、また、前から後ろへという順序です。
なお、両目、または両耳に取り次ぐ時は、いずれも左右同時に取り次ぎます(片方だけの患いの場合には、その方にのみ取り次ぎます)。
両手、両足の場合は、左右別々に取り次ぎます。

 (4)おさづけを受ける回数

 一人の病人が、おさづけを受ける回数は、一日六回までです。すなわち、昼間三度(朝、昼、夕)、夜三度(宵、真夜中、夜明け)です。したがって、心易い間柄だからといって、また常に付き添って看護しているからといって、同一人に何度もおさづけを取り次ぐようなことは、おさづけの理を軽んずることになってしまします。

 (5)伝染病の場合

 無理に病人に接近せず、教会に参拝するなどしてその人の為に、お願いさせて頂くという道があります。親神様は真実の心さえ届いたならばご守護くださるのです。

 (6)医者、薬について

 病気は親神様の思召しに沿わない心遣いが元となって現れるものですから、心の治め方が何よりも大切であり、ご守護を頂く根本です。教祖は、医者、薬は修理肥と教えられ、不要だとか、用いてはならないとは仰せになっていません。むしろ、医者が手を離した病気でも真実の心次第にたすけるとお教えくださっています。

 (7)家畜や作物に対する注意

 おさづけは人間以外に取り次いではなりません。家畜の病気や作物の不良は、その飼主、作り主の心の現れであり、その家の患いともいうべきものですから、その場合は、飼主、作り主、またはその家族に対してお話を取り次ぎ、心定めをして、親神様にお願いさせていただきます。

 

仮席の栞

立教一六二年十月二十六日 初版
立教一六八年六月二十六日 第二版
立教一七八年十月二十六日 第三版

天理教教会本部