TAG ひながた

運ぶ尽す一つの理は、内々事情の理、めん/\事情の理に治め 〜「おかきさげ」を読む〜

「おかきさげ」シリーズ第14段 おかきさげ本文 「又一つ、これまで運ぶ尽す一つの理は、内々事情の理、めん/\事情の理に治め。」 「おかきさげ」 今回はこの部分について、理解を深めたいと思います。 前回をお読みいただきます…

「おふでさき」第16号 -資料集-

「おふでさき」第16号 冒頭の各項目は『おふでさきのしおり』を参考に記述しています。 1.御執筆開始年月 明治十四年四月 2.お歌数 79首 3.特徴 つとめの意義を説き、勤修の日の到来を説かれ、明日の明るい往還道を示し…

「おふでさき」第10号 -資料集-

「おふでさき」第10号 冒頭の各項目は『おふでさきのしおり』を参考に記述しています。 1.御執筆開始年月 明治八年六月 2.お歌数 104首 3.特徴 かんろだいつとめに就き詳述 4.要点 ①天の与えと月日の自由自在、に…

「おふでさき」第8号 -資料集-

「おふでさき」第8号 冒頭の各項目は『おふでさきのしおり』を参考に記述しています。 1.御執筆開始年月 明治八年五月 2.お歌数 88首 3.特徴 教祖を信ぜよ、人間創造の親神、月日のやしろたる事を疑うな、との事を繰り返…

「おふでさき」第6号 -資料集-

「おふでさき」第6号 冒頭の各項目は『おふでさきのしおり』を参考に記述しています。 1.御執筆開始年月 明治七年十二月 2.お歌数 134首 3.特徴 元はじまりの話 4.要点 ①「珍しい事」と「心静めて聴いてくれ」即ち…

互いたすけに大切な心について ~おかきさげを読む~

おかきさげシリーズ第11弾 今回はお道の「互いたすけ」について おかきさげ本文 「又一つ、これまで運ぶという、尽すという。運ぶ尽す中に、互い扶け合いという。互い扶け合いというは、これは諭す理。」 「おかきさげ」 「運ぶと…

『改訂正文遺韻』について

『改訂正文遺韻』 これまでの歴史 『正文遺韻』は昭和12年(1937)山名大教会より出版されて以来、再版を繰り返してきた天理教における長期的なベストセラーと言えます。 絶版と再版の記録 ①昭和12年『正文遺韻』山名大教会…