「家業第一」「親孝心」は二つ一つ〜「おかきさげを読む」〜

おかきさげシリーズ第15弾

おかきさげシリーズもついに終盤です。
今回は「手本雛形」「家業第一」「親孝心」について理解を深めていきたいと思います。

おかきさげ本文

「又一つ、第一の理を諭そう。第一には、所々に手本雛型。諭す事情の理の台には、日々という、日々には家業という、これが第一。又一つ、内々互い/\孝心の道、これが第一。二つ一つが天の理と諭し置こう」

「おかきさげ」

このお言葉は30才未満の人に渡される「おかきさげ」のお言葉です。
しかし、30才以上の人は大切にする必要がないかと言えば、そうとは言い切れません。

昔は、くりかえし教えを聞き、心に治めた人が別席を運んでいました。そういった時代背景のなかで、特に30才以上の人には必要ないと判断されたのかも知れません。
詳しい時代背景は以下を参照してください。

別席の誓いについて② ~初試験から誓いの言葉へ~

今回はこのお言葉を「手本雛形」「家業第一」「親孝心」の3つのポイントに分けてみていきたいと思います。

手本雛形について

「第一には、所々に手本雛型」

まず一つ目の手本雛形(ひながた)ですが、これは各々の住居する地元に戻ってから、教祖のひながたを目標にして通ることを促がされています。

おさづけを拝戴した人は「国の宝」とも「国の柱」とも仰せられます。
つまり国々所々における貴重な人材という意味です。
ですから、お宝を持っている人にふさわしく、国々所々における「ひながた」となるようつとめてくださいと仰せられるのです。

人々のお手本となれるようにするためには、まず教祖のひながたを学ぶ必要があります。それは別席で語られる教祖のひながたということができます。そして、別席で教えられるところのひながたを、日々に実行することが、お道の歩みです。

教祖のひながたを、自らの道の指針として通らせていただく。
そのポイントは、いくつもありますが、一つには【心】が挙げられます。

その一つ、親神様の思召を実現していくという教祖のひながたです。

中山家の母屋をお売りになれた際も「この道始め家の毀ち初めや。やれ目出度い/\と言うて、酒肴を出して内に祝うた事を思てみよ。変わりた話や/\」と、世間では決して喜べない事実であっても、神様の仰せが実現されたときはお祝いをされているのです。

「ひながた」を歩むということは、常に神様の思召を見つめつつ、今、自らが行っていることを親神様、教祖がお喜びくださっているのかと、常に振り返りながら思案することが大切です。
その角目として「家業第一」「孝心」という二つの話につながっていきます。

家業第一について

「日々には家業という、これが第一」

家業というこれが第一と仰せられるのは、まず一つには家業を大切にするということです。家業がありながら家業をおろそかにするようでは、人々の手本ひながたどころか信用を得ることも難しいでしょう。

家業と限定しなくても、サラリーマンや個人事業主、教会従事者など、様々な仕事の形態があります。そのなかで精一杯周囲の人々のために働くということが大切と解釈しても良いかと思います。

さらに、おさづけの理を頂戴した者は、このおさづけの理を取り次いで人のたすかりに携わることが一つの使命です。

それは一言でいうなら、それは「つとめ一條」だと思います。

話によるおたすけ、おさづけの理によるおたすけ、様々なおたすけがありますが、

「ひとことはなしはひのきしん にほひばかりをかけておく」

「みかぐらうた」七下り目一ツ

と仰せられるように、お話を取り次ぐことはひのきしんともお教えられます。

「おさしづ」に

「さあ/\ほんの言葉だけで言うた分にゃ分からん。言葉はその場だけのもの。言葉の理を拵えてこそ、八方である。人が知るであろう。」

明治三十七年十一月二日 本席身上御障りに付願

言葉の理をこしらえるのは「つとめ」です。
ここでいう「つとめ」とは、おつとめのことではなく、日々の【務め】の意味です。
言葉と心と行いを揃えることが誠と教えられますが、それはただ単に自分の心に正直に生きるということではなく、神様の思いに、心と言葉と行いを揃えていくところに、言葉の理がこしらえられるのです。

家業であってもサラリーマンであっても個人事業主であっても、神様の思いに沿って働くところに、陽気ぐらしへと導いてくださる理がつくられるのです。

親孝心について

人は親から生まれます。神様がこれとこれがちょうど良いと繋いでくださった間に生まれるのが命です。この命を繋いでくださった親に孝行をすること、そして人類の親である親神様への孝心の道を歩むことを含めて「親孝心」と仰せられています。

親への孝心をさせていただこうと思えば、
家業(家業にかぎらず)を大切にすることとつながります。
さらに親神様への孝心は「おさづけ」をしっかり使わせていただくことになるのです。

二つ一つ

最後に「二つ一つが天の理」と仰せられたのは、
家業第一と親孝心とが一つにならならいと、天の理に沿っているとは言えないとの意味であります。いかによく働いても、自分勝手で働いていては神様の思召には沿いません。

かしもの・かりものの教えを心に治め、日々感謝を捧げて暮らすこと。
そして、人をたすける誠の心で歩ませていただくこと。

その精神を治めて、家業第一、親孝心、という具体的な歩みを推し進めるなかに国々所々におけるひながたの歩みとなるのです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。