TAG おさしづ

ようぼくは「人をたすける心」を忘れないようにしよう。~おかきさげを読む~

みなさん。こんにちは。 すがけんの天理教のみかたをご覧いただきましてありがとうございます。 そろそろ、新しい動きを~っと、思っている今日この頃のすがけんです。 ですが! 今回も変わらず、ここ最近続いている『仮席の栞』を基…

仮席の栞について 

おさづけの理を拝戴した後に「仮席」という席が設けられています。 その席では「仮席の栞」というテキストが渡されます。 今回は、この「仮席の栞」の内容について学びたいと思います。 仮席の栞   『仮席の栞』の構成 …

別席制度について ~特に仮席について~

ここ最近、別席がどのような変遷を遂げてきたかを取り上げてきましたが、少しおさらいをしておきたいと思います。 ①明治二十一年八月二日の「おさしづ」をうけて、静かな場所で三席の別席をきかせていただくようになります。 ※別席の…

別席について ~別席制度からみつめる~

中山さとゑ氏は、 「おみちに於て、別席は誠に重要な地位を占めるものであります。別席にあつては、元初りの理、ぢばの理、陽気ぐらし、教祖のみちすがら、即ち、元一つの話を静かな場所で聞いて、心の成人をなすことがその目的なのであ…

物は大切に ~飯降先生のご逸話より~

飯降伊蔵先生は神様に好かれた誠の人であったと伝えられます。 ※飯降伊蔵先生がどのような人物であったかについては以下のページをご参照ください。 今回は、飯降伊蔵先生の信仰生活に焦点をあて、いくつかの逸話をもとにして、「物を…

本席について ~人間であり教祖の代理という立場~

なんだか論文のようなタイトルになっちゃいましたけど、 もう少し、本席について勉強したいと思います。 飯降伊蔵先生が本席という立場に立たれた経緯については以下を参照してください、 今回はもう少し本席という立場について学ばせ…

飯降伊蔵が本席になった決め手

教祖がお姿をお隠しになったとき 明治20年(1887)陰暦正月26日、教祖(おやさま)が現身をかくされたときの模様は『稿本天理教教祖伝』※にこのように記されています。 ※稿本天理教教祖伝については以下を参照してください。…