2018年

をびや許しについて

もともとは教祖のをびやためしから をびや許しが渡されるようになる13年前の天保12年(1841)、教祖44才のとき妊娠7カ月目の夜に流産されます。 その流産のあとに頭痛を催しますが、夜が明けてから、汚れた布類をご自分で三…

をびやの御供(ごく)について

をびや許しについて をびや許しの申込資格 妊娠6カ月目以降の女性本人、または本人の夫。 また、夫婦の両親であれば代理でいただくことができます。なお祖父母は不可です。   をびやの御供をいただくまでの手順 ①所属…

誠一つが天の理 ~おかきさげを読む~

「おかきさげ」シリーズ第8弾 今回は誠は天の理ということについて、理解を深めたいと思います。 誠一つが天の理 今回、解釈する部分は以下の通りです。 「誠一つが天の理。天の理なれば、直ぐと受け取る直ぐと返すが一つの理。よく…

誠について ~おかきさげを読む~

今回は「おかきさげ」を読む第6弾‼ これまでの部分は以下をご参照ください。 おかきさげ理解 こうやってならべてみると長いですね。 しかし、「おかきさげ」は天理教の教えのなかでも基軸となる大事な教えですから、じっくりと進め…

『信者の栞』について

『信者の栞』について 出版の歴史 『信者の栞』が出版されたのは今からさかのぼること72年前。昭和21年(1946)4月18日に発行されました。編集は天理教教義及史料集成部。教祖60年祭がつとめられ、そしてのちにすぐに行わ…

『改訂正文遺韻』について

『改訂正文遺韻』 これまでの歴史 『正文遺韻』は昭和12年(1937)山名大教会より出版されて以来、再版を繰り返してきた天理教における長期的なベストセラーと言えます。 絶版と再版の記録 ①昭和12年『正文遺韻』山名大教会…

自由自在について ~おかきさげを読む~

みなさん。こんにちは。 すがけんの天理教のみかたをご覧いただきありがとうございます。 今回も「おかきさげ」の理解を深めていきたいと思います。 今回は前回の内容とのつながりが深いので、前回の をご覧いただいていない方は、ま…

心の理について ~おかきさげを読む~

みなさん。こんにちは。 すがけんの天理教のみかたをご覧いただき誠にありがとうございます。 今回もようぼくの指針となる「おかきさげ」の理解を深めていきたいと思います。 これまでの部分は以下をご参照ください。   …